MENU

 

おそらくこのサイトでリザベリンが気になっている人は、一緒にヴィトックスαについても気になっている人ではないでしょうか?

 

 

このサイトでの比較企画としてまずはヴィトックスαとリザベリンを比較することにしました。

 

 

この2つで迷っている人は参考にしてみて下さい。

 

 

リザベリンとヴィトックスαの配合成分を比較!!

 

リザベリンとヴィトックスαの配合成分をまずは比較しました。

 

 

リザベリン

 

tanimatukurikata

 

 

ヴィトックスα

 

tanimatukurikata

 

 

両方とも100種類程度の配合成分で、細かくみていっても配合成分にそこまで差はありません。

 

 

なので、ここで注目したのが

 

 

どういった成分に注力しているか?

 

成分量はどうなのか?

 

 

この2点に注目しました。

 

 

それぞれ説明します。

 

 

1、どういった成分に注力しているか?

 

リザベリンは特にこの成分を多く配合しているといったことは書かれていません。

 

 

ただ、ヴィトックスαはシトルリンを従来の2倍に改良し更にレスベラトロールといった珍しい成分を配合しています。

 

 

これに関してもう少し詳しく触れると、シトルリンを従来の2倍にしたといっても、そもそも元の量がどれだけだったかということが書かれていないので、「一般的に見て多いのか?少ないのか?」というのがわからないので、あくまでここで判断出来るのは、常に改良を加えているという企業努力と、シトルリンを重視した考えのもと作られているという意識の部分ですね。

 

 

あとレスベラトロールという成分ですが、老化を遅らせるといったことで今注目がされてきているかなり新しい成分だということです。

 

 

これだとざっくりしていてわかりにくいと思いますが、この成分はポリフェノールの一種ということなので、ポリフェノールが若返り、いわゆるアンチエイジングに効果がある成分と言われていて、その中でもより注目されているといえばわかりやすいかもしれません。

 

 

勃起力が落ちてくる原因として加齢によるテストステロンの減少などが言われているので、これを考えると若返りの効果というのはペニス増大や勃起力にも大きく影響すると考えても自然ですね。

 

 

2、成分量はどうなのか?

 

リザベリンは3粒で1セットになっていて、それぞれ325mgずつ増大に効果的な成分が配合されています。

 

 

ライバル会社にノウハウを盗まれたり、精法をばれないためにもあまり成分量などは書かれていない会社が多いので、この辺は信頼が置ける部分になります。

 

 

ヴィトックスにはそういった情報はありません。

 

 

まとめ

 

リザベリンとヴィトックスαの配合成分を比較しましたが、どちらも特徴があり違った考えを持っているので一概に評価は出来ません。

 

 

それに、大きなくくりでいえば多成分型の精力サプリと同じですし、100種類程度とその量も差が少ないです。

 

 

ここも実際に使ってみてっていうのが私の評価になります。

関連ページ

リザベリンとクラチャイダムゴールドを徹底比較!
リザベリンとクラチャイダムゴールドはどっちが良い?比較して、「こういう人におすすめ」といったことを書いています!